現在リリカルなのはの二次創作と日記を掲載。そのうちオリジナルの恋愛物も書くかも……
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とりあえず面記事に、お知らせと小説目次を
スポンサーサイト
明けました
 旧年中は大変お世話になりました。ほとんど返信できていませんが、コメントや拍手でいただくメッセージは全て目を通しており、創作活動の励みになっています。色々な方の暖かいお言葉を糧に、今の更新状況を改善すべく取り組んでいきたいと思います。今年も7th Apocryphaならびに空の少年をよろしくお願いします。
 昨年は父方の婆様が永眠したため、簡単ですが年始の挨拶はこれでご容赦ください。

 堅苦しいのは終わりました。ここからは平常運転です。

 はい、明けましたね年。年が明けるということはその直前に年が暮れるということで、年が暮れるということは我々の業界では一大イベントがあるということです。
 そう、コミケです。
 そんなこと言いながら私は行ってません。友人がサークル参加したら売り子として行く予定だったんですが残念ながら落選、極度の寒がりである私は買い物のためだけに戦場へと赴く気合はありませんでした。私自身もオンラインの繋がりで挨拶したい方はいたのですが、インフルやノロが流行るこの時期、申し訳ありませんが体調を優先して今回は見送りました。うちのブログに来てくださってる方々には、結構行ってる人多いんじゃないでしょうか。やはりテーマがテーマなので。

 体調云々と書きましたが、以前まであったそういったオタク文化に対する熱が無くなっていってしまっているというのも一因かもしれません。偉そうに語るほどの身分ではありませんが、供給物の平均レベルが明らかに低くなっているように感じて、(*´Д`)ハァハァすることがほとんどなくなっているのが実情です。買い物だけを目的にして東京まで行く熱意が湧いてこなくなってしまいました。「◯年前は良い作品たくさんあったよなー」とか「最近テンプレばっかで面白い作品無いなー」思うこともしばしばあるのですが、こうやって改めて文字にして書くと単に年食っただけじゃねーかと思い始めてきました。多分そうです、まだまだ私はガチオタのままです。昔から気付いてたことですが、市場からの供給と私個人の需要がものの見事にマッチングしていないんです。わかりやすく書くと、「ロリVSババアお姉さん」という図式です。ヒロインの年齢が低いんですね、あんまり満足するものがないんです。

 だんだん思い出してきました。この現状に不満があったから、私は筆を取ったんですよね。自分が見たいものがないなら自分で作ればいいじゃないって、私は書き始めたんですよね。

 あの時のそのままの熱意を思い出したわけではないですが、なんとなくやる気出てきました。見てる人置いてきぼりですが、だらだらと適当なこの駄文を書いた意味はあった気がします。

 2009年レベルは無理だと思いますが、2010年程度には今年は更新していければなと思います。

 ではまた。(´ω`)ノシ

 以下、拍手レス
更新と呼ぶのはおこがましい程度に久方ぶりの更新
 表題の通り、とても間の空いたというレベルではないほど久しぶりの更新となりました。アウトかセーフで言ったらセーフに微塵もかすらないアウトだと思います。
 前回の更新が23年の9月4日ということで、実に1年超放置されてしまったブログです。誠に申し訳ないですね。待ってみえた方がいらっしゃるかどうかもわかりませんが、満を持して?更新します。

 実に難産となった今回の話ですが、ここで書きたかったことは全部書いたつもりです。そしてかつてないほどのボリューム。今までで最も長かった話は「氷海の騎士」、次いで「あいのことば」なんですが、この「命の軽さ」は「氷海の騎士」の1.5倍ぐらいあります。テキストパッドの容量にして77.7kb、スリーセブンです。内容についてココで言及するのはあれなのでハショリます。そのうち雑記として書くかもしれませんが。

 併せて以前リクエストのあったweb拍手に掲載していた「まさかの○○入り」もこちらで公開することにしました。これも続編書かなイカンなーと思いつつも、所詮web拍手と割りきってもいますね。

 というか私はもっとブログを雑記帳として活用するべきですね。今後はもうちょっと作品とは別にだらだらしたこと書いていこうと思います。

 それでは空の少年最新話「命の軽さ」をお楽しみください。
まさかの○○入り『紅』~『妖』 (随時追加)
空の少年22~命の軽さ~
「跳べる?」

「大丈夫です。座標も送ってもらいましたし、そう距離もありません」

サリエルに演算支援を頼めば、それこそ一瞬で行ける。

リンディの問いにクイントから伝えられた場所を設定しながら黒煉は答えた。

「私も行くから、少し待って」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。